読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏の高速大量回転法

身体からKTK法を解説してみます

観察する、きづく

でびっちんです。

おはようございます。

明日から会社指定の泊まりこみの研修です。
新たな出会いと自分自身の発見を楽しみに、学んできたいと思います。
何か高速大量回転法のヒントも得られるかもしれません。
(オイッ、それは目的ではないだろー)

さて、今回は言葉は簡単ですが、実践が難しい内容です。

高速大量回転法で読んだ後、自分自身がどんな反応だったか観察する
そのことをやっていますか?

観察できていない人は、これから何をやっても加速度的に成長することは難しいのかなと感じています。
厳しい言い方ですが、惰性で学びを継続してしまっている、のではないでしょうか?


自分自身を観察できたら、次のことをしてみましょう。


なんとなくいい感じ→ そのまま進めてみる
なんだか変な感じ → 余計なことを減らしてみる
           足りない要素を加えてみる


以下の本でも強調されていますが、
本を読んだら、自分を読み(観察して)ましょう。

本を読んだら、自分を読め

本を読んだら、自分を読め


自分がどんな状態、感覚になっているかを観察できなければ、
次の一手を打つことができませんよね。

観察すること、きづくこと、
これは高速大量回転法の学びだけでなく、
人生全般に活かせることだと強く確信しています。


僕も研修を通じて、自分自身をしっかりと観察してきたいと思います。



それでは今回はこのへんで。

でびっちんでした♪