読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏の高速大量回転法

身体からKTK法を解説してみます

高速大量回転法で資格試験を受けます

でびっちんです。

 

こんにちは。

 

前回、来年の目標を立てましょうと書きました。

で僕はある試験を受けることに決めましたとも書きました。

 

その試験名をお知らせします。

 

基本情報技術者 試験です。

 

仕事には関係ないですが、エクセルマクロを学んでいてIT系に興味がでてきて、IT系の基礎知識向上とどうせなら資格をとってしまおうと思ったからです。

 

ざくっと調べた試験形式は以下の感じでした。

  • 年に2回の試験(春、秋)
  • マークシート方式
  • 試験が午前、午後にわかれている
  • 午後試験は選択式
  • 合格最低点は、午前・午後ともに60%以上

 

春に行われる試験での合格を目指し、僕の勉強過程を晒していこうと思います。

宇都出さんの実況中継みたいにできないと思いますが、1人でもお役にたっていると勝手に思って更新していきたいと思います。

 

資格試験といえば、まずは過去問!

本屋さんで過去問を見比べ、Amazonアタックしました。

使う過去問は、以下です。

 

 

 

さっき届きました。

書店で見たときも思ったんですが、けっこう厚いです。

青いペンは、厚さの比較用です。これからお世話になるプロッキー!

f:id:deviching:20151227164745j:plain

 

こう厚いと持ち運びに不便です。

どこでも勉強するために、過去問はバラします。

 f:id:deviching:20151227164621j:plain

 

厚けりゃバラして薄くしろ

 

高速大量回転法ユーザーには常識ですね。

 

また、試験勉強を始めたら、試験勉強していることを目に見える形にして意識しましょう。色々忙しくなると、試験勉強を後回しにしてしまいがちです。

当然ですが、勉強しなくと試験には合格できません。

本家本元の宇都出さんのでさへ、勉強しなかったために、、、

 

『なるほど!合格勉強術』の付録を使いました。

ちょっと恥ずかしいですが、恥ずかしいくらいで勉強が進むなら歓迎です。

f:id:deviching:20151227164658j:plain

 

今日はここまで!

なるべくリアルタイムに更新していきまーす。

 

でびっちん♪