読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏の高速大量回転法

身体からKTK法を解説してみます

2つのモード

でびっちんです。

 

おはようございます。

 

昨日は風がめちゃくちゃ強かったです。

強風で傘が壊れました><;

傘の色を明るい色にしようかなと思ってはいてもグズグズしていたので、はよせんかいっ!って言われた気がしました。

 

あ、なんかエセ関西弁が聞こえてきました(笑)

自分の中でも◯◯したい自分と◯◯したくない自分がいることがあります。

 

よくある絵なんかでは、天使の自分と悪魔の自分がいて、

天使「◯◯なんてしちゃだめよ」

悪魔「◯◯しても、誰も気づかれねーよ、やっちゃえ!」

と2人が戦って、結果、パタリ・・・・・・同士討ち。

あー、どうしよう。。。

 

きっとあなたもあるはずですよね?

 

そんな2つのモードは色々なパターンであると思うのですが、今日お伝えしたいことは、最近本を読んでいて意識している2つの感覚です。

 

僕が感じているだけかもしれませんが、誰か1人でも気づきのフックになったら嬉しいと思います。

 

その2つは、ディソシエイトとアソシエイトの状態です。

ディソシエイト(分離化・非当事者意識)

アソシエイト(同化・当事者意識)

 

前者は、読んだ内容の体験を客観的に、まるで映画を見ているかのような状態です。

後者は、読んだ内容の体験をよりリアルに、実際に再体験している状態です。

 

例えば、アクション映画や恋愛映画、小説などは登場人物になりきるアソシエイトの状態で見たり読んだりしていと、ハラハラドキドキしたり、キュンキュンしたりして面白いのですね。

映画の構成に注目する人なんかは、ディソシエイトの状態で映画全体を見ていることが多いのだと思います。

 

本を速く読みたい場合は、できるだけディソシエイトの状態で読みましょう。

自分の背後にもう一人の自分がいて、ページをめくっている自分を眺める感じです。

 

本を読んでいる中で「わかろう」という思いを手放すのは、ディソシエイトの状態で読むってこなんだと思いました。

 

「本を読んでいる自分を読む」

「わかろう」という思いを手放す

 

高速大量回転法を学んでいる人で、この2つの言葉にピンとこなかった人は、『どん速』を再読することを強くおすすめします。まだまだ読みが甘いと思いますよー。

 

片方の言葉は、速読の極意って書かれてますから。

 

どんな本でも大量に読める「速読」の本 (だいわ文庫)

どんな本でも大量に読める「速読」の本 (だいわ文庫)

 

 

これまでディソシエイトの読み方を進めてきましたが、速く読みたいからと言って常にディソシエイトの状態で読むのではなく、必要に応じてアソシエイトの状態にもなり、2つのモードを切り替えながら読んでいくことが大切なのだと思います。

 

是非みなさんも、アソシエイトとディソシエイトの読み方を実践してみてください。

 

以下の本は、ディソシエイト、アソシエイトの考え方だけでなく、コミュニケーション力向上間違いなしの聞き方まで学べてしまいます。

  

いつのまにか心をひらいてしまう 絶妙な「聞き方」

いつのまにか心をひらいてしまう 絶妙な「聞き方」

 

 

高速大量回転法を本気でマスターしたいのであれば、今日ご紹介した2冊は必須です。

 

次回は同じテーマで、『どん速』の補足をしたいと思います。

 

 

でびっちん