読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏の高速大量回転法

身体からKTK法を解説してみます

回転よりも○○

でびっちんです。

 

こんばんは。

 

昨日は中秋の名月、今日はスーパームーン

東京ではまんまるのお月様がよく見えます。

 

満月を見ていると、回転を思い出してしまう方は、立派な高速大量回転教ですね(笑)

 

高速大量回転法は回転がキモであることはご存知かと思いますが、回転って平面だなーと思うようになりました。

 

満月って平面に見えても、実際は球体ですよね。

 

高速大量回転法も平面の回転ではなく、高さを加えた螺旋をイメージしてできると良いと思います。

浅く読んだり、深く読んだりといったことが高さって感じです。

 

ちょっとイメージできない場合は、地球儀を思い浮かべてみてください。

 

範囲を広げるときは、北極から赤道に向かって螺旋が拡大していく感じですね。

だんだんと常識化してきたら、赤道から南極に向かって螺旋が収縮していくイメージです。

 

回転だけではなく、深さを意識した螺旋のイメージ、少しでも参考になると嬉しいです。

 

 

あなたが一日も高速大量回転法をマスターできる事を、こころよりお祈りしています。

今日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。