読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏の高速大量回転法

身体からKTK法を解説してみます

範囲と質のマネジメント

でびっちんです。

 

こんにちは。

 

実家に戻ってきました。

今日は稲刈りをやっています。

 

お天道様のおかげで、今年もおいしいお米をいただけそうです。 

晴れも雨も両方ないと農作物はできません。

陽と陰のバランスがとれていないとですね。

 

さて、前回は量質転化という言葉をご紹介しました。

簡単に復習すると、量的な変化が質的な変化をもたらし、質的な変化が量的な変化をもたらします。

 

 

量→質
 ⇔
質→量

 

量と質に大小を考えを加えて、高速大量回転法にアレンジしてみます。

従来の読み方を少量→小質とすると、こんなイメージです。

 

0: 少量→小質 (従来の読み方)

1: 大量→小質

2: 小質→大量

3: 大量→大質

4: 大質→小量

 

  

ピンとこない方は、範囲のマネジメントを思い出してみましょう。

 

範囲を広げるときは、見出しだけとか”ざっくり”読んでいきます。

1: 大量→小質 

 

核となる部分ができるとくり返し読みやすくなります。

2: 小質→大量

 

 その次は、範囲が広がりきったときです。

3: 大量→大質 

 

だんだんと常識化が進んで、消せるところがでてきます。

4: 大質→小量

 

4の補足

理解できないところやなかなか覚えられないところを、少しスピードを落として読むという意味です。

 

 

1~4は、自分の経過ポイントの説明でした。

コントロールできる2つの変数を使って、その日の自分にあった読み方を見つけてみてください。

 

 

 

あなたが一日も高速大量回転法をマスターできる事を、こころよりお祈りしています。

今日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。