読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏の高速大量回転法

身体からKTK法を解説してみます

高速大量回転法の実践過程1

でびっちんです。

 

今回から、資格試験の勉強で高速大量回転法をマスターした過程を記事にしていこうと思います。

 

僕が、高速大量回転法で試験合格を目指したのは「通関士試験」という試験です。

 

誰か一人でも参考になると嬉しいな!

 

 最初に注意書きです。

●2013年度の内容をほぼそのまま記載していくので、文章は拙いかもしれません。

●試験勉強中に書きためたメモを再現したので、■勉強中の視点と□試験合格後に思ったことの両視点で構成していきます。

 

■試験勉強中の感情

□試験合格後の分析

 

それでは、さっそく本編です。

 

ですが、その前に、高速大量回転法で全体の構成をとらえましょう。

目次です。

 

 

【はじめに】

  通関士試験の特徴

【導入期】

  速読勉強術との出会い

  教材の位置づけ

【実践期】

  ここでの読み方1(4月中旬~6月中旬)

  過去問題

  書き込むことについて

  ここでの読み方2(5月下旬~6月下旬)

  わかる/わからないを分けることのきっかけ

  音にしようとしない・わかろうとしないのきっかけ

  ここでの読み方3 (7月上旬~9月上旬)

     高速大量回転法入門講座

【直前期】

        9月中旬~9月下旬

【試験本番当日】

      通関実務詳細

【試験後】

         感想

 

 

次回は、【はじめに】です。

ここが一番恥ずかしい内容であったりもします(汗)