読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏の高速大量回転法

身体からKTK法を解説してみます

回転するスピード

でびっちんです。

 

今回は、ページをめくるときのスピードです。

 

宇都出さんのブログで、たまにある質問

 

「100回回転しても覚えられません」

 

まず、100回回転させて覚えられないのは普通です。

普通というか、100回で覚えられるときもあるし、覚えられないこともあるということです。

 

それこそ、1回で覚えられることもあるわけで。

 

今回は、回数ではなく、そのスピードに注目です。

 

100回回転させたことある人は、そのスピードは速くなっていきましたか?

スピードは意識しないと速くなりません。

 

高速大量回転法の2大原則の1つを思い出しましょう。

 

「1回目よりも2回目のほうが速く読める」

 

意識しなくても、なじむことで速くなるという内容ですね。

ただ、これは思いこむと自信をなくします。

意識して速く読むと、段々速くなっていきますが、ある程度までです。

 

瞬時にその内容を把握できるようになったら、それ以上速くしようと思うと、オーバーチューニングです。

 

速く読むことが目的になって、そもそもの目的から外れてしまいます。

 

読むスピードを倍にしてみたり、あるいは、半分にしてみたりと、調整してみてください。

その日の体調や、使える時間によって変えてみてください。

 

いつもとは、ちがった感覚があるはずです。

その変化するスピードの中で、自分が心地よく感じるところが良いかと思います。

 

読むスピードは、自分でコントロールしていいのです。