読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏の高速大量回転法

身体からKTK法を解説してみます

思い出しましょう

デビっちんです。

前々から感じてたんですが、高速大量回転法のプロセスを素直に実践できない人は何がボトルネックになっているのでしょうか?

高速大量回転法には数々の項目がありすが、次の3点に絞って考えてみます。

[1]思い出す
[2]本をバラす
[3]プロッキーを使う

[1]思い出す
思い出すはとても重要な項目だと思うんですが、徹底できいる人は少ないんじゃないでしょうか。
費用もかかならいですし、何も必要ないのになぜ?
その理由を推察してみると、簡単にできるからという考えがあるのではないでしょうか?

いつでもどこでもできることが逆にその行動を起こさせない可能性があります。
あー、思い出すね、簡単簡単思い出せばいいんでしょ。後でやるから。もっとこう特殊なインパクトのあることやりたいなという感じに。

さらに深く見ていくと、以下の2つのパターンに分岐します。
[1-1]そのままやらない
[1-2]やるけど挫折する

それぞれ見ていきましょう。


[1-1]そのままやらない
別の内容を確認しているうちに思い出すことを忘れてしまいます。脳のワーキングメモリーは少ないです。後でやろうと思わずに、すぐやってください。
僕は高速大量回転法を取得している当時、「思」という文字をみたら、その直前まで読んでいた項目を思い出すようにしていました。
人は話すとき「○○だと思います」って言う人が多いので、しょっちゅう思い出すをして、話なんでしたっけ?と聞き直すことが多かったです(苦笑)
余談ですが、「○○だと思います」って多用する人は、失敗をとりたくない、責任を持ちたくないって人が多いと思います。じゃなかった、多い気がします。
そんな僕も「と思います」ってよく使ってますね(笑)
「思います」 → 「気がします」ってするだけで、ちょっと自分に責任が持てる気がしました。


あるいは、間違った思い出すをやっている可能性があります。

読んだことすべて思い出すために膨大な時間をかけているとかしていませんか?
うーんと唸りながら思い出すその時間に、覚えていることだけサクッと思い出しましょう。


思い出すの効果はたくさんありますが、最初は次の3つくらいにしておきましょう。
・思い出すことで脳のニューロンをつなげる
・覚えかけたことを定着させる(加点思考)
・思い出せないことを再読するきっかけとする

そうそう、先日読んだ本で思い出すことが効果的な学習方法であるとしていた本があります。

直感力を高める 数学脳のつくりかた

直感力を高める 数学脳のつくりかた

これね、宇都出さんのブログで紹介されて知ったんですが、タイトルが微妙です。
直感力とか数学とか部分的すぎです。
数学や科学だけでなく、学習全般における学び方の本でした。
本書の効果的な学習のツールを使えば、どんなことだろうと学べちゃうと思います。

なにせ高校在学時は数学・理科が落第だったロシア語がペラペラな元米国軍人の著者が、脳を再教育して工学博士にまでなっちゃったんですから。

「思い出す」以外にも効果的な10の学習ツールが記載されていました。
巻末に効果的な10の学習法、効果的でない10の学習法が記載されていて、各章の終わりにもその章のまとめがあります。そこには、一度顔を上げて、ここまで読んだ内容を思い出しましょう、とクドいほど記載がありました。

[1-2]やるけど挫折する
思い出すを実際にやってみると、驚くほど思い出せません。
こんなはずじゃ、、、と自分と向き合うことができなくなってしまいます。
でも、そのプロセスは遅かれ早かれ体験することです。
だったら、とっとと体験してできない自分と向き合い、思い出すを習慣化しちゃいましょう。


さて、ここまで読んだことで何を思い出せますか?
思い出してみましょう。

残りの項目は次回以降に説明します。

デビっちんでした♪

まずは守らないと

でびっちんです

おはようございます。

茶道とか武道とか道がつくものに、守・破・離という考え方があります。
道ではなく、ビジネスの世界で知っているという人も多いかと思います。
え?何それ?という人は、以下を見てみてください。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/守破離

ザクッと簡単に説明します。
守・・・・・・型を守る
破・・・・・・型を破る
離・・・・・・型から離れる

道で説明すると、
師匠の型を真似する
師匠の型を破り自分オリジナルの型を生み出す
師匠から離れて自分の流派を築く
という感じです。

仕事だったら、師匠を上司だったり、仕事を教わる先輩と読みかえてみてください。

というように、物事の学習プロセスは、守・破・離の順で行うのが先人が伝えてくれている叡智です。


宇都出さんのブログのコメント欄を見ていて感じるのは、守ができていない人が多い気がします。

仕事でもそうですね。
僕がこやつは仕事ができると思った同僚や後輩は、教えられたことを素直に実践しています。

高速大量回転法のマスターに話を戻すと、本の内容を素直に実践していない人が多いのかなと。

例えば、
本をバラすことをしない
プロッキーを使わない
などです

教えられたことを愚直に実践しないで、自分なりのやり方について質問する人の気が知れません。

自分なりの方法論をやるんだったら、勝手に自分でやってくださいって感じです。

守を徹底的にやっていないのに、できません、どうしたらいいですか?っていうのは僕が思うに、ナシです。

KTK法だけでなく、その他のスキルを含めて、
マスターできる人とそうでない人との大きな違いは、師の教えを愚直に実践できるか、そうでないかだと僕は考えています。

方法論を創出した人以外に複数名実践できている人がいたら再現可能なわけで、相性云々の前に教えを素直にやれているかどうかを考えるべきです。

プロッキーで書き込むことができない、本をバラす
ことができなかったら、KTK法のマスターは遠のくばかりですし、豊かな人生も遠のくでしょう。
だって、その程度のことができなかったら、この先の人生でもっと重い選択なんてできっこないでしょうから。

プロッキーを使って書き込む、本をバラして範囲を狭める、その上で自身の感覚と向き合いましょう。

まずは守です。
その次に破があります。

仕事でもいますよね。
いきなり自分流のやり方をやって失敗しちゃう人。
その人曰く、こういうやり方のほうが効率的ですよ。

そんな人にはこう言いましょう。

確かに客観的に見て(初めてやるからまっさらな目で見える)そうかもしれないけど、最初の何回かは手順通りにやってみてください。
ただ、その最初に感じたことは、忘れちゃうともったいないのでどこかにメモしておいてください。

実際にやってみて、それが習熟したら、メモしておいたことをやってみてください。
で、どちらがいいか考えてみてください。

[1]教えられた通りの方がいい
みんな最初はそう(メモした内容)言うんだよね。
でも、先人たちがブラッシュアップして行きついたのがこのやり方なんだよね。

[2]メモしたやり方の方がいい
お、いい改善になるかもしれないね。
他の人にもその内容を説明してやってみてもらおう。
やっぱり、新鮮な目があると違うね!

ここでいう、[2]が破です。
教えをそのまま実践してから、さらなる改良を加えるです。

教えられたことをやらずに、自分なりにやるなら、以降は教わらないでいいんじゃないですか?
だって教わっても、なんだかんだ理由つけてどうせやらないでしょ?

仮に、そのオリジナルの方法について熟練者からアドバイスをもらえたとしても、それは本質からは外れたモノになってしまうかもしれません。

そしてそして、自己流のやり方の方が効果的でも、それは部分的な効果かもしれませんよ。
部分を積み重ねても全体にならないように、一部の部分的な効率化が全体のバランスを崩す恐れもあります。

だから、まずは教えられたことを素直に実践しましょう。
あなたなりの型を披露するのは、その後でも遅くないはずです。



それでは今回はこのへんで。

でびっちんでした♪

PPAPよりPPNS

デビっちんです。

おはようございます。

最近?よく耳にするPPAP。
これは説明不要な感じですね。
知らない人はGoogle先生に聞いてみてください。

情報化社会が発達し、数あるSNSや動画サイトで誰もが情報発信をできるようになりました。
昔とは違って誰もが夢を叶えやすくなっていますね。

さて、PPAPを踊れるようになっても、完コピできても高速大量回転法のマスターへは近づけません。

KTK法を習得するには、PPAPではなくPPNSです。
PPNSとは、僕が数年前によく読んでいた、おちまさと氏の本に記載されている仕事に対するアプローチ法です。

PPNSは2つに分解できます。
PPとNSです。

PP……ポジティブプランニング
NS……ネガティブシュミレーション

新たに何かを始めるときは、まずPPを行います。
それからNSをするのです。

これを逆にしてしまっている人が多いんです。
仕事でも、それは○○だからできません。
って入る人多くないですか?
そして、その人ってだいたい仕事できませんよね?

ポジティブにやりたいこと、理想的な状態を描いてみましょう。
そして、その実現までに想定される不安要素を抽出し、その対処法を考えていきましょう。

もっと詳しくと感じた人は、氏の本を読んでみててください。

企画の教科書―ポケット判おちまさとプロデュース

企画の教科書―ポケット判おちまさとプロデュース


NSに対する対処法は、以下の本なんかが読みやすいのかなと思います。

成功するには ポジティブ思考を捨てなさい 願望を実行計画に変えるWOOPの法則

成功するには ポジティブ思考を捨てなさい 願望を実行計画に変えるWOOPの法則


ポジティブ思考だけでも、ネガティブ思考だけでも片手落ちだと思います。
高速大量回転法も、○○だけではではなく、どちらもできるけれども、今回はこちらをする。
というような易で言うところの中道の精神があると良いのではと最近思うようになってきました。
逆に言えば、KTK方を継続していくと、そういうフラットな精神状態に近づけるのでは?と思っています。

えー、まとめると
PPAP見てるだけじゃなくて、PPNSしましょう!


それでは今回はこのへんで。

デビっちんでした♪
それでは

学びの姿勢

デビっちんです。

こんばんは。

少し前の宇都出さんのブログでコメント欄が盛り上がっているモノがあります。
それについて個人的に思うところを記載したいと思います。

11月20日の社労士試験合格についてのコメントです。

語りの切り口としては、学ぶ側の姿勢についてです。

特にどの箇所とか、コメントしている人には言及しません。
ただ、こういう見方もできるのではないか?という選択肢の提案です。

今、こういう見方もできると記載しましたが、これがけっこう大事かと思います。

宇都出さんのセミナーで出会った人やブログのコメント欄を見ていて感じることが多いのは、○○しなければならないという人が多いという点です。


高速大量回転法をマスターするには、

音にしないで読まなければならない
理解しようとしないで読まなければならない
速く読まなければならない
たくさん回転しなければならない

というように、

○○しなければならない

というような表現を、宇都出先生は使ったことはほぼないと思いますよ。

間違っていることや感覚としてズレていることは指摘することはあったかと思いますが、従来の報われない読み方に対する新たな選択肢の提案をしている
のです。

音にしようとしなくても意味をとらえられますよ
理解できるかできないかはそのときの確率です
ゆっくり読んでも、その割には覚えてないこと多いよね
1回だけ読むのが本の扱い方じゃないよね


○○しなければならい
それができないから、高速大量回転法をマスターしたとは言えないっていう人は考えを改めた方がよろしいかと思います。


また、その内容は知っているといってそこに関心を示さない人も注意したほうがいいです。
学びの上級者が陥りやすい罠ですね。

えっ?ストックがあるから知ってる内容は飛ばしていいんでしょ?

これは違います。

知っている内容を聞いて、あるいは、読んで

こんなの知ってるっといって別のことに意識が向いた瞬間にそこで学びは止まってしまいます。

一方で、

ふむふむそれは知ってるけど、今回はさらに何がいいたいの?という意識の人は学びが深まります。
高速大量回転法で言うところのセンス・オブ・ワンダーですね。

あ、念のためですが、そんなの知ってて当然という常識化とは違いますよ。

それに、何度も同じ説明がされるのは、それ以上の表現が現在のところもっとも自信を持って伝えられる内容とも言えると思います。
ただいい言葉が浮かばないから使いまわしているだけだろ?という捉え方もできますが、少なくとも過去の誰かには刺さった、あるいは、手応えを感じたからとも考えられます。

その方法が自分に合う合わないというのはもちろんありますが、2人以上の人が再現できていれば自分も再現できるはずだと僕は考えます。
合う合わないを言う前に、その情報に対して感度が開いているか、微細なところまで受け取れているか問をたててみても良いのではないでしょうか。



ちょっとクドクドとした表現が多かったかもしれませんが、学ぶ側の姿勢(態度)にも意識を向けてみてはいかがでしょうか?


それでは今回はこのへんで。

デビっちんでした♪

ショートカット使いましょ

デビっちんです。

こんにちは。

僕が勤めている会社でも今年の振り返り、来年どーするかという打ち合わせをたくさんしています。

個人の今年の目標達成度をしないとですね。


今年どーしても達成したかったのは、読書メーターでの累計1000冊登録です。

これは9月に達成できました。
3年間で1000冊読めたらいいなと思って開始したのが、2014年の2月12日です。
1000冊読んだら人生変わるかも?
変わらないとしても、良い方向には行くはずだと思ったんですね。
だって、本を読んで人生が悪くなった、つまらなくなったという人に会ったことがなかったのです。
そして、宇都出さんを始め出会えた成功者の多くの人が読書家でしたので。

それからは、電車の待ち時間やエスカレーター乗降中、エレベーターの待ち時間など、少しでも時間があれば本を読むことをしていました。

傍から見ると、えっ?この人頭おかしいでしょと思われていたかもしれません。
僕自身はほとんど気になりませんでしたけどね。

それもこれも高速大量回転法を徹底的に使い倒してやろうという気持ちがあったからからです。
本をどう読むか、どれだけ覚えているかなんてのは人それぞれという前提であれば、

本は全部読まなきゃいけない
著者の考えを完璧に理解できなきゃいけない

なんてことはないんですね。

今自分にとって必要なこと、活かせることをやってみるだけで人生は良くなると思います。
だから、どんな読み方、理解度でもいいから冊数をこなして自分自身が満足しちゃえばいいんじゃん!って感じて目標までつき進んでみました。


で、人生よくなったのかよ?と言われると、これは声を大にして良くなったと言えます。

そして、最近本を読むスピードが速くなったなと感じています。
もちろん、たくさん本を読んでストックが増えたので速く読めるようになったのが理由の大部分です。
しかし、それだけでもないのではないか?と感じていました。
というのも、小説を読むのも速くなったと実感できているからです。


何がきっかけなのかと考えていたんですが、それが最近わかってきたかもと思ったんですね。


えーっと、前談が長くなりましたが、それについてが今回お伝えしようとしていることです。

それは、っていうかタイトルをきちんと見ている人にはおわかりかと思いますが、ショートカットキー
です。

タイトルを見ていたはずなのに、ちょっと別の文章を読んでいると忘れちゃいますよね。
脳のワーキングメモリーは少ないのです。

だから、細めに思い出すこと、部分と全体の往復をすることが効果的です。

って、話をズラすから伝わりにくいのですよね。
これは強く意識しないとですね。

話を戻すと、ショートカットです。
高速大量回転法を学んだあと、その学習プロセスを横展開させるために、読書とExcelのマクロ機能を学ぼうと思いました。

縁あって教わった方が強調されていたのが、ショートカットキーの大切さです。

ショートカットキーを使ってプログラムを速く書けるからたくさん失敗できるし、たくさん失敗してもショートカットキーがあるからすぐにリカバリーできる

そんな感じでショートカットキーを意識して少しずつ実務に取り入れていったら、今ではほぼマウスを使わずに仕事ができるようになるになりました。

で、ショートカットキーを使うようになって本を読む、正確には文字を認識する速度が上がりました。

その理由は、目の使い方が変わったからだと思います。

マウス中心の作業では画面上のポインターに目の意識が集中しますが、ショートカットキーを使うとそうなりません。

ショートカットキーが作業の中心となると、画面全体をボヤっと見ながら操作することが多くなるので、1点に集中することが少なくなります。
キーを押し間違えると画面上のどこかで何か違ったという感覚で気がつくようになるんですね。

その感覚が、本を速く読めているときの感覚に近いんです。

なので、事務職の人は、ショートカットキーを使うことで仕事しながら周辺視野を鍛えることができますし、生産性は間違いなく上がりますのでやってみましょう。
だってマウスからキーボードへの手の動きは減りますし、身体も意識も楽になりますからね。

そしてショートカットキーの習得のプロセスは、まんま高速大量回転法の習得のプロセスとそっくりだったということに気がつきました。

それについは次回にしたいと思います。


それでは今回はこのへんで。


デビっちんでした♪

学習における近道

デビっちんです。

こんにちは!

秋の爽やかな気候がなつかしく感じるくらい最近の東京はグッと冷え込んできました。
今は太陽の光があるから少し寒さが和らいでいます。

外出中少し空き時間ができたんですが、そんなときに限って読む本を持ってきていない。

あー、1時間前の自分を罵ってやりたい。


ってなわけで、めっきり更新していないブログを更新してみようと思います。
学習における近道ってテーマを決めて、思いつくままツラツラと書いてみます。

それでは以下からです。


学習における近道などない。
という表現は何度も耳にしていることだと思います。

しかし、本当にそうでしょうか?

ただそう思わされているだけではないでしょうか?
僕を含めてそういうものなんだと知らず知らずのうちにそれが当たり前ということになっていませんか?

なんとなく常識化してしまっていることに対して向き合っていくと、人生が楽しく潤いのあるものになるのだと思います。

例えば、高速大量回転法もそうですよね。
従来の勉強では決してとらない方法で結果を残します。

それが根拠のない方法のままだと、ただの怪しい話ですが、KTK法は理にかなった方法です。

上手くいくのはわかっているけど、再現性のところで研究の余余地があります。

その部分を宇都出先生は研究され、他の実証された科学分野の話を持ってきたり、表現方法を変えたりしてくり返し説明をされているのだと思います。

僕もそんな宇都出さんのお手伝いをしたいですし、これだ!という納得の説明を追い続けていきたいです。

若干話がズレましたので話を戻します。
本当に学習における近道ってないんでしょうか?

同じ時間同じことを学んでも学習成果は異なります。なかなかスキルをマスターできない人がいる一方で、短時間にスキルを習得してしまう人もいます。

後者の人は学び方の学びを知っているんですね。

2年くらいお世話になっている人の話と少し前に読んだある本から、最近そのことが少しずつわかってきました。

整理できたら、ここでもお伝えしようと思います。

今回それについて発信するんじゃないの?ってツッコミが入りそうですが、しません。

その代わり、1つ体感している学習の近道をお伝えします。


その成功者が実践しているところを「生」で見てみる


お住いとかタイミングとか色々制限ありそうですが、これは効果ありですよ。

そもそもその程度の制限を乗り越えられないのは、その対象に対する情熱はその程度です。
本当にそれについて学びたいんだったら、遠方だったり金額が高いなどは理由にならないと思います。

それに支払った金額が高ければ高いほど、その投資に対する回収をしようと思うはずです。

だから、そういう意味で本は少し弱いんですよね。
1000円とか3000円とかで学べるんですから。

その場で実際の動作に対して何を意識して、何を判断しているかを感じてみましょう。
そして、勇気を出してそれらについて質問してみましょう。
きっと足りない何かを持って帰れます。
それを何度もくり返すことが、学習の近道だと思います。


それでは今回はこのへんで。

デビっちんでした♪

テクニックよりも・・・・・・

でびっちんです。

 

おはようございます。

 

朝夜が涼しく感じる今日このごろです。

 

先日、宇都出さんが初監修した本を読みました。 

記憶術サクッとノート

記憶術サクッとノート

 

 

宇都出さんのメルマガやブログで作成過程のプロセスや本のテイストが紹介されていましたが、実際どんな感じなんだろうと興味があったのです。

 

で、感想は?というと。

 

タイトルこそ記憶術ですが、記憶術だけでなく本を速く読むための方法論やその訓練のためのページもありました。

総論的には、高速大量回転法の考え方やエッセンスが簡潔に記載されてるって感じです。

 ノートとついているのは、ワーク形式のページもあって書き込みできるからでしょうかね。

 

1つ1つの項目がコンパクトにまとめられていて、本当に読みやすかったです。

 

これから高速大量回転法を学ぼうと思われる方は、この本か、あるいは、

「1分スピード記憶」勉強法: 「記憶したがる脳」になる (知的生きかた文庫)

から入ると全体像が理解しやすいのかなと思います。

 

ただ、この本だけで高速大量回転法をマスターできるか?というと個人的にはちょっと疑問です。

 

この本に限らず、その他本1冊だけで理解できる人は相当理解力がある人なのかなと。

 

と言うのはですね、最近気づいたことがあるんですよ。

まだ確実にそうって言うことは断言できませんし、僕個人の特性なのかもわからないですし、証明のしようもないんですが。

 

で、それは何かというと、、、

僕の学び方を分析してみた結果、僕は本やセミナーで言われたことを実践する際、その背景まで遡ってみることが多いと気づいたんです。

高速大量回転法は速読や試験勉強だけでなく、高確率セールスやNLP (Neuro-Linguistic Programming: 神経言語プログラミング)、コーチング、認知心理学脳科学、その他宇都出さんが読んだ大量の本の内容が組み合わさってできています。

 

シンプルな記述にするには抽象的だったり、より一般的な表現にする必要があります。

そうすると、その背景やそこにいたるプロセスは見えなくなります。

 

例えば、写真を見ているときを考えると、あるモノに焦点があたっているとき、その背景は認識できなくなります。反対に、背景を見ているとき、先に焦点を当てたものは認識できません。

人間は1つのモノしか認識できないようなんです。

 

えっ、僕(私)は同時に見えるんですが。

という人は多いかもしれません。

というか、普通はそう認識しているかもしれません。


それは、高速で意識を切り替えているだけなんですね。

 

 

ゲシュタルト心理学っていう学問があって、そこでは「図と地」という関係で説明されています。

 

図に焦点があたっている場合は、地は認識できません。

地に焦点をあてると、図は消えます。

 

先の例でいうと、以下の関係性です。

図・・・ある焦点を当てているモノ

・・・背景

 

別の例でいうと、読書で言う本文と行間の関係です。

本は文章で記載されている内容だけでなく、その行間を読むことで得られる知識があります。

 


どの本から高速大量回転法に入ってもマスターできると思います。

どこか壁にぶちあたったら、宇都出さんの他の本も読んでみましょう。

 

確かに1冊の本を徹底的にやりきることは大切ですが、複数の本を読むことで、地が図となり理解が深まるのも事実です。

それは、あちらを立てればこちらが立たずといったトレードオフの関係性です。

そのトレードオフの関係性をマネージしていくことが、スキルのマスターだけでなく仕事や日常生活の質を高める、より良い人生になるのだと思っています。

 

僕個人は、テクニックよりもその背景に興味があることが多いので、実践しつつ関連する内容に触れていくことが多いってことに気づいたんですね。

 

テクニックだけ追いかけて高速大量回転法をマスターできない人は、それが生じた過程や背景に焦点を当ててみてはどうでしょうか。

 

 

それでは今回はこのへんで。

でびっちんでした♪