読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏の高速大量回転法

身体からKTK法を解説してみます

自分を相対的に位置づけてみる

デビっちんです。
 
おはようございます。
 
今回は、『合格(ウカ)る思考』の応用した使い方を紹介してみようと思います。
といっても、劇的な裏技じゃなくてちょっとした工夫です。
 
念のための確認ですが、7つの思考を復習してみましょう。
[1]  加点思考(↔ 減点思考)
[2]  具体思考(↔ 一般思考)
[3]  全体思考(↔ 部分思考)
[4]  確率思考(↔ 個別思考)
[5]  仕組思考(↔ 努力思考)
[6]  質問思考(↔ 解答思考)
[7]  行動思考(↔ 計画思考)
 
7つの思考を知って、自身が足りない思考の行動を増やすことはもちろん大事です。
ただ、できている、できていない、という0か100かの2軸だけだともったいないと感じています。
 
 
できているという人は、どの程度できているのでしょうか?
一方で、できていないという人は、どの程度できていないのでしょうか?
 
 
もう少し細分化して考えてみましょうよ。
今回の7つの思考を例にすると、相対的にどちらにウェイトを置きがちなのか、ご自身を客観視して考えてみましょう。
 
 
もっと簡単に言うと、
 
普段の自分がどちらの思考を選択しがちかマップにしてみましょう
 
ってことです。
 
それでは、テンプレートです。
グレードのつけ方は何でも良いんですが、最初は大きく大雑把が良いですよ。
今回は、5段階でやってみてください。(別に10段階でも3段階でもいいですよ。)
 
     
[1]  加点  ←―――――|―――――→  減点
[2]  具体  ←―――――|―――――→  一般
[3]  全体  ←―――――|―――――→  部分
[4]  確率  ←―――――|―――――→  個別
[5]  仕組  ←―――――|―――――→  努力
[6]  質問  ←―――――|―――――→  解答
[7]  行動  ←―――――|―――――→  計画
 
 
念のために記載しますが、理想像ではなく、今の自分の状態をマッピングしてくださいね。
そして、面倒臭がらずにやりましょう(笑)
 
 
制限時間は、140秒 (1問 20秒 x 7つ)
 
時間かけたってわからないものはわかりません。
よくわからなかったら、直感でいいです。
(直感って、だいたい正しいですよね?)
 
 
 
できましたか?というか、やりました?
 
 
無意識に、自分の癖として、どちらを選択しがちなのかを図示しておくと、何をやればいいか少し明確になりますよね。
 
 
ここから期日と目標を決めて、ある時期を定点にご自身の思考(行動)様式を図示しておくと、PDCAが回りやすくなると思いますよ。
これを2週間後なり、1ヶ月後なり3ヶ月後等々、定期的に振り返ってみましょう。
 
 
 
ちなみに、僕がKTK法を学ぶ前は、こんな感じな気がします。
 
[1]  加点  ←―――――|――◯――→  減点
[2]  具体  ←――◯――|―――――→  一般
[3]  全体  ←―――――|――――◯→  部分
[4]  確率  ←―――――|―――◯―→  個別
[5]  仕組  ←―――――|――◯――→  努力
[6]  質問  ←―――――|―――◯―→  解答
[7]  行動  ←―◯―――|―――――→  計画
 
 
今ではこうなりました!っていうのを記載してもいいんですが、もっと先の話、デビっちん的な理想形をご紹介しましょう。
これです。
 
 
[1]  加点  ←―――――◯―――――→  減点
[2]  具体  ←―――――◯―――――→  一般
[3]  全体  ←―――――◯―――――→  部分
[4]  確率  ←―――――◯―――――→  個別
[5]  仕組  ←―――――◯―――――→  努力
[6]  質問  ←―――――◯―――――→  解答
[7]  行動  ←―――――◯―――――→  計画
 
 
というのは、どちらかの思考だけでKTK法はやるものではないと思っているからです。
以前にも記載しましたが、中庸の精神が最終的に行き着くところだと思います。
 
 
常にフラット
 
 
右側にも左側にも好きなだけ振れていいけど、デフォルトは真ん中にいるのが目指すべき姿です。
どちらの思考でも自分の意志で自在に操ることができるのが、最強だと思います。
 
 
そもそも、『合格る思考』は、KTK法で結果を残せていいない人の多くは、上で言うところの右側の部分に偏りが多いのでは?という仮説から始まっています。であるならば、意図的に反対に位置する思考を取り入れてみるのが解決策の1つになるのであろうという内容です。
 
上の図でいうところの左側をまずは目指しすのがKTK法のマスターの近道です。
が、しかし、最後は真ん中にもどってきてくださいね。
 
 
少し具体例を出しましょう。
KTK法をマスターしようと思ったら、欠かせない
 
部分と全体の往復
 
って言葉があります。
 
知らない人は、ニワカKTK人に認定しちゃいますよ(悲)
 
これは、まさに両方の思考を使っていますよね。
 
 
さらに別の例で言えば、
 
計画は立てるな!
 
という表現があります。
 
ただ、これって計画をまったく立てるなと言っているわけではありませんから。
1日の中で◯◯時から△△時までは何をやるというような詳細な計画を立てる必要はないって言っているんですよ。
というのは、詳細綿密な計画を立てたって、スケジュール通り進むことなんてほぼ100%ありませんから。
そんな細かい計画を立てるくらいだったら、その分回転させて勉教しましょうよって言っているです。
だって、やみくもに行動して試験日の1週間前になって、試験範囲の1/4も終わってませんとなったら大変ですよね?
 
 
目標達成のために、行動の歩留まりを上げる。
そのために自由な選択をする。
それがKTK法ですから。
 

合格(ウカ)る思考、まだ読んでいない人は是非読んでみましょう。

KTKの考え方のベースですから。
そして、読んだ内容をどう捉えるか、どんな行動を選択するかは、さらに深いところにある記憶が支配しています。
 
読みましょう。
本日発売のようです。
僕は、昨日リアル書店フライングゲットしました。 
記憶力が最強のビジネススキルである

記憶力が最強のビジネススキルである

 

 

 
それでは、今回はこのへんで。
 
 
デビっちんでした♪

 

加点思考を続けていると人生が良くなるんです

デビっちんです。

 

おはようございます

 

朝日が昇る時間も少しずつ早くなってきました。

少し前まで1分くらいずつ早くなっていたのに、今は2分くらい早くなっています。

 

以前から高速大量回転法、もとい、KTK法を資格試験の合格だけのためのツールにするのはもったいないと思っていたんですね。で、KTK法の考え方を仕事や日常生活にも活用しまくっていたんです。正確には、KTK法をマスターするためには、KTKの考え方に数多く触れるべきだと思って、格試験の勉強のときだけでなく日常生活でも活用していて、そのときの習慣がそのまま残っていたんです。

そうしたら、別のスキルを短期間でマスターできたし、人間関係は良くなるし、出世もするしで、人生良くなったなーというのが現在です。

ただ、僕の体験だけだと、デビっちんだからでしょ?たまたまでしょ?と言われちゃいますから、どうにか理論武装したいなと思っていたんです。

 

で、昔読んだ本を最近再読して、これってKTK法の考え方と同じで、人生良くなった記載あるじゃん!と気づいたので、今回の記事で紹介したいと思います。

 

それでは本の紹介です。

 

([わ]2-1)人生を好転させる「新・陽転思考」 (ポプラ文庫)

([わ]2-1)人生を好転させる「新・陽転思考」 (ポプラ文庫)

 

 

この本は自己啓発系の本で、営業で世界第2位となった人の考え方のベースを解説してくれている本です。

いいですね!タイトルが。人生を好転させる!

 

この本とKTK法の何が関係しているかというと、『合格(ウカ)る思考』の中から、「加点思考」です。

 

加点思考って覚えていますか?

思い出してみましょう。

 

覚えてなくても思い出せなくてもいいんですが、思い出す行為は必ずしましょう。

思い出す行為をするから、覚えることがてきるようになるんです。

 

加点思考、 合格(ウカ)る思考』の中から引用してみます。

すでにできいることは何か?覚えていることは何か?に焦点を当てる考え方です。(P.28)

 

次の29ページの最初に太字になっているんですが、多くの人って減点思考がデフォルトになっていることが多いんですよね。

偉そうに言ってますが、僕もKTK法に出会うまではそうでしたけど(苦笑)

念のために減点思考を解説しておくと、加点思考の逆で、まだできていないことは何か?あるいは、覚えていないことは何か?に焦点を当てていく考え方です。

 

ちょっと寄り道していくと、宇都出さんのブログで質問している人のほとんどは、減点思考の方が加点思考よりも頭の中を占める割合が多いんじゃないでしょうね?

宇都出さんの質問への返答に、少しでもわかったところはありませんか?という言葉が多くでていますよ。

 

僕だったら、◯◯できるようになりましたが、もっと◎◎するために△△しようと思っていますが、どう思われますか?みたいな記載をすると思います。

 

この、ほんの少しでもできたところに焦点を当てる加点思考を補足、あるいは、仕事だったり日常生活に活用して人生を良くするのが、陽転思考です。

 

陽転思考を簡単に説明すると、目の前の事実をしっかり受け止めて、そこから「よかった」を探すことで幸せになれる、という考え方です。

 

例えば、不慮の事故で右腕を骨折したとします。

多くの人は、なんで俺(私)がこんな目に、、、(泣)と考えますよね?

これを陽転思考すると、両腕じゃなくてよかった!(左手が使える)、足じゃなくてよかった(歩ける)となるんです。

 

生じた事実は変えられませんし、そこに良いも悪いもありません。事実をネガティブなことに意味づけていたのは自身の考え方次第であることがよくわかりますよね。

 

これを続けていくと、そりゃ人生良くなりますがな。

 

ところで、これって、まんま加点思考と同じですよね。

本を読んで、わからない、思い出せない、というマイナスのまま次の回転にいくのか、それとも、ほんの少しでもわかるところに焦点を当ててプラスの気分で次の回転にいくのでは差が生じますよね。その差はそのまま、人生の差にもつながっていくんだと思います。

 

ということで、加点思考を続けていくと人生が良くなるよという内容でした。

ですから、たとえ高速大量回転法をマスターできず途中で止めてしまっても、その過程での努力は決してムダになりませんよ!

 

最後にもう一度、陽転思考の本を紹介します。

今回の内容に興味を持たれ、加点思考を深掘りしてみたい、陽転思考の詳細をもっと知ってみたいという人は、読んでみてください。

 

([わ]2-1)人生を好転させる「新・陽転思考」 (ポプラ文庫)

 

 

それでは今回はこのへんで。

 

デビっちんでした♪

 

NeedなのかWishなのか

デビっちんです。

おはようございます。

日本海側では豪雪により大変なようですね。
東京は風が少し強いくらいで、快晴でした。

さて、いきなり質問です。

あなたが高速大量回転法をマスターしたいのは、以下のどちらからですか?

[1] Need
[2] Wish



ご自身の回答はちゃんと用意できましたか?
ここで自分自身と向き合うことができなかったら、高速大量回転法のマスターは遠いですよ。

自分と徹底的に向き合うことを何度も行うのが、高速大量回転法です。


はい、それでは選択肢の解説です。


高速大量回転法、もとい、KTK法の習得が早いのは、言うまでもなく、[1] Needからの人です。


[1] Needを少し掘り下げて考えていきましょう。

Need = must、ないとダメ

やはり資格試験勉強がわかりやすいですね。
その資格がないと商売できない
その資格がないと年収が下がる
その資格がないと転職できない

というような何かしら苦痛を伴う状態が待ち受けていたら、死もの狂いで資格合格のために勉教しますよね?


そのようなレベル感でKTK法の習得へ時間を割いていたら、なかなか習得できないということにはならないのではないでしょうか。

でも、そんな状態になる人ってほとんどいないと思います。


資格取得が必須といっても、今回資格合格できなかったらと思うと、できるかどうかわからないスキルに一か八か賭けるよりも、従来の勉強法を選択しますからね。


従来の勉強法では合格までの標準時間を捻出できない。
でも、資格は取得しなければならない。
というような人がKTK法しかない!という状態でやると、マスターする可能性が高いです。
これはどんな他のスキルでも同じようなモノかと思います。

そんなチャンスがあったら、積極的に利用しましょう。


問題なのは、[2] Wishの欲求からKTK法を学んでいる人です。


Wish = more better、あったらいいな


ですから、マスターできなくても痛みはないんです。
痛みがないからこそ、意識レベルが低くテキトーにやってしまいます。
できたらいいなというスタンスだから、なんやかんや理由をつけてやらなくなったりします。

でも安心してください。
ちょっと厳しめに書きましたが、多くの人が[2] Wishだと思っています。
ちなみに、僕も最初は[2] Wishでした。


ここで、[1] Need と[2] Wishの違い図式化してみると、こんな感じになります。

−−−−−−−−−−−−−− +y

Wish

−−−−−−−−−−−−−− 0

Need
 
−−−−−−−−−−−−−− ーx

[1] Needは、マイナスの位置がスタート地点で、KTK法の習得でやっとチャラという感じ。


一方で、[2] Wishは、ゼロ地点がスタートですから、ちょっとでも何かやったら+の効果が出てしまうということになりがちです。
今日もよくやったなとなってしまいます。
今やらなくてもいいことをやって満足しているのかもしれません。

ですから、[2] Wishの人は、どんな状態になりたいかという目標をご自身で明確に設定する必要があります。

目標があるから、戦略を練ることができますし、戦術を考えるようになります。

目標を設定できれば、その次はいつまでにやるかを決めましょう。
この目標期日は少し厳しいかなという日数がちょうどいいくらいが僕の体験した感覚です。
目標と現状のギャップを埋めるために、どーすればいいかを色々と考えますからね。

少しだけ具体的にお話をすると、目標によってKTK法のどのエッセンスをチョイスすればいいかが明確になる可能性が高くなります。

宇都出さんのブログで質問の多い、音にしようとしないは、あなたの目標と期日に対して今必要ではないかとしれません。


それでは今回はこのへんで。

デビっちんでした♪

『なるほど!合格勉強術』の裏の読み方

デビっちんです。

おはようございます。

なるほど! 合格勉強術』という本があります。
今回はこの本の読み方を2パターンに対比してご紹介します。

1.処方箋として活用する
2.デビっちん流活用法


1.処方箋として活用する
この本を簡単に説明すると、長年の(発売当時までのデータ)フィードバックを分析し、KTK法取得に於ける陥りがちなポイントを補強してくれる内容となっていると言えるかと思います。

KTK法は従来の勉強とは違った行動が必要ですので、理論を理解したと思っていても、ついつい元の読み方に戻ってしまいがちですから。

高速大量回転法をベースに、合格する勉強を思い出させてくれる言葉が記載されているとも言えますね。

KTK法で読んでいる中で、なんだかしっくりこないなというときがあるかと思います。
そんなときは、本書の目次から今自分が陥っている内容を見つけ、その解決策を図るために辞書的に使う読み方です。

もし、問題を特定できていなくても、見開き4ページで1項目の解決策が記載されている構成から、どこから読んでもKTK法のエッセンスを得られます。
自身の問題を特定できていれば、めちゃくちゃ効果的ですね。
目次を回転するだけで、「そうだった!」と思い出す確率が高まりますね。

え?本1冊は持ち歩けない?

KTK法をマスターしようという人が、そんなことを言うとは思えませんが、、、
対策を紹介しましょう。

[a]本をバラして目次だけ持ち歩け!
[b]目次をコピーして持ち歩け!
[c]付録の紙を持ち歩け!

1日に数回、目次を回転しましょう。
目次を見てその内容を語りましょう。
そして、気になった項目の本文を読み直しましょう。

以上が王道の読み方です。


2.デビっちん流活用法(裏の読み方)
えー、本書を読んだときの最初の感想を記載します。

あー、もっと早く出会いたかった。
というのは、ターゲットとしていた資格試験の合格発表の後に発売されたからです。
資格試験の勉強を通して高速大量回転法の実践中に、何度も再読した内容がコンパクトにまとまってるじゃないですか。
見開き4ページで1項目だから、どこから読んでもいいし、スキマ時間で読めちゃうよ。
これがあったら便利だっただろうな。

と同時に、どこから読んでもいいってことは、KTK法を知らない人がこの本を最初に読んだらちょっと混乱するかも?という感想が思い浮かんだんです。
さらに、50項目も最初から全部気にとめられないなとも。

そこから、自分が教える立場だったら、この本をどういう順番で読むように指導するだろうか?という問を立ててみました。

で、僕だったらこういう順番で最初は読んでみてくださいというのが、これです。

と、その前に50項目は初級者が意識する量としては多いので数を絞ります。

どれくらいの数に絞ったらいいかというのは、パレートの法則を活用してみましょう。

50項目の2割ですから、10項目ですね。

問題の切り口としては50項目に分かれていても、初心者用に教えるなら同じ項目として説明できるものもありますしね。

で、こんな感じで読んでみてねーってのがこれです。

[7][14]

[19][20][43][44]

[31][33]

[40][46]

あくまで一例です。
そもそも正解なんてありません。

まずは欲張らずに範囲を絞って、10項目の反応スピードをあげましょう。
見た瞬間に、あぁアレね!っていうくらいになる項目が4〜7くらいになったら、範囲を広げてみましょう。

切り口が違うだけで本質は同じこと言ってるんだよね!という項目がわかってくると思います。
それらを組み合わせて自分だけの内容に編集しましょう。

今回の内容を考えるうえで、あれもいいな、これも大事だよなーというものがかなりあって悩みました。
(どれもKTK法に必要なので当然ですが。。。)

という葛藤をかかえなが、あれ?この感覚をもっと体系的にしている本を読んだ気が、、、

そうだ!アレだ。宇都出さんの新刊でした!

ゼロ秒勉強術~最短で受かる! 世界一シンプルな試験合格法

ゼロ秒勉強術~最短で受かる! 世界一シンプルな試験合格法

なるほど! 合格勉強術

速さを切り口にKTK法を整理すると、『ゼロ秒勉強術~最短で受かる! 世界一シンプルな試験合格法
になりますね。

僕が利用している読書メーターの感想をおまけにつけます。
よかったら、参考にしてみてください。

日本のお家芸であるモノ作りに於ける生産性の高さを試験勉強にあてはめると本書のような考えになります。資格試験の勉強という頭の中のブラックボックスも、スピードという切り口から4つの視点で覗くことで見える化でき、そこにはムリ、ムダ、ムラがたくさんあることがわかります。なぜ飛ばし読みでも理解が進むのか、むしろ飛ばし読みするから速く学習が進む理由も理屈もわかります。枝葉末節の細かい知識よりも、基本問題を即答できるくらいまで反応スピードを高めたほうが試験の合格率は高まりますね。

強い感情か身体の変化を感じていますか?

デビっちんです。

おはようございます。

宇都出さんの無料動画解説登録しました?
1月25日までの期間限定登録です。
内容は、「非常識なざっくり勉強法」です。派

http://promotion.utsude.com

もちろん無料で、あとから料金請求されることなんてのも当然ありません(笑)
必要なのはメールアドレスだけです。

不安ならフリーのメールアドレス作って登録すればいいだけです。
高速大量回転法をマスターしたい人が、宇都出さんの無料動画に登録しないわけないと思いますが、念のため。


さて、今回はスキル習得前に、これやっといた方がいいんでないの?という内容をお伝えします。


それは、感情を強く動かすこと!
それともう1つ、身体の強い変化を感じること!


僕も高速大量回転法をきっかけに、エクセルマクロや親指シフト入力などのスキルをマスターしました。
一方で、スキルの取得を目指しては挫折しているのも多数あるんです。
挫折したり、途中で止めちゃったりしているのが本当に多いです。

で、スキル取得できたモノとできなかったモノの違いはどこにあったかという棚卸しをしてみました。

そこでの1項目が、上で記載した、強い感情と身体の変化でした。

高速大量回転法では、『1日1分からはじめる 速読勉強術 (PHP文庫)』を読んで、従来の読み方とは違う読み方に鳥肌がたち、背筋がピッと伸びて、こんな体験をしたみたい!という感覚があったんです。
そこからは高速大量回転法のことばかり考えていました。

エクセルマクロでは、とあるサイトを見て、エクセルって突き詰めるとこんなことまでできるのか!と強く感動して、できるようになりたいと強く思ったのを今でも鮮明に思い出せます。

逆に、なんとなくできたらいいなーと思っている程度のやつは、そこそこ続きましたが途中でフェードアウトしちゃうやつが多かったです。
たとえ続けていたとしても、クオリティが低いモノになっていたことだと思います。

行動し続けている限り失敗ではないので、また始めればいいんですけどね。


ですからこう言えると思います。
身体が震えるほどの理論、考えに出会ったら、それは身につきます。
逆にマスターしようと思えなかったら、心と身体のバランスが一致していないかと思います。
心に問題ありですね。

やりたいと思っても、それがなんとなくだったり、身体の変化がなければ、心が強く動くまで温めてみましょう。


僕が次にまた新たな行動を開始する前には、何度も本を読んで、あるいは、動画をくり返し見て、心を強く動かしてから着手してみようと思っています。


一方で、なんとなく興味本位で着手してからハマるというパターンもあります。

ここらへんをどうマネージ、研究していくかがこれから楽しみなところです。


なかなかスキルをマスターできないなと感じている人は、一度スタート地点での状態を確認してみてください。


強い感情が動かなくても、身体の変化がなくても、
これは登録しましょう。
それらを待っている間に機会を逃ししてしまいますよ。
1月25日までの期間限定です。

http://promotion.utsude.com

非常識なざっくり勉強法

デビっちんです。

こんにちは!

このブログをご覧いただいているみなさんは当然登録されていますよね!

宇都出さんの、「非常識なざっくり勉強法」
http://promotion.utsude.com/


1月25日までの期間限定の登録で、45分ほどの概略を説明した対談動画と約1時間の解説動画を無料で観ることができます。

まだ登録されていない人は、すぐ登録することをオススメします!
僕も登録しています。

動画も何度もくり返して見てみましょう。

http://promotion.utsude.com/


こちらも発売になったようです。

ゼロ秒勉強術~最短で受かる! 世界一シンプルな試験合格法

ゼロ秒勉強術~最短で受かる! 世界一シンプルな試験合格法

速さを全面に押し出した内容で、勉強も生産性を意識すると色々と改善できますね。
勉強に於いてのムリ、ムダ、ムラを省き、その行きついた先が高速大量回転法ということがわかります。
この本を機にブレークスルーが生じるかもしれません!


行動すれば次の現実があります。
止まらずに行動し続けましょう。

失敗なんてないのにね

前回、高速大量回転法を素直に実践できない人はなんでだろうという話から、

[1]思い出す
[2]本をバラす
[3]プロッキーを使う

という切り口で、思い出すについて推測してみました。

今回残りの2項目です。
[2]本をバラす
[3]プロッキーを使う

あえて2つ書きましたが、本質的には同じ理由で実践できないと考えています。

それは、失敗したくないから。
もっと具体的に言うと、正しいやり方がわからないから。

じゃないかと推測しています。

間違って書き込んだらどうしよう。
範囲を間違ってバラしたらどうしよう。
とかね。

正しいやり方なんてないんですから、あきらめてとっとと書き込む、本をバラすをやりましょう。

失敗したっていうのは、途中でやめてしまったときだけです。
動き続けている限りは、失敗ではありません。
それは効果的ではなかったというだけですよ。

そうは言ってもなかなか動けないと思いますから、プロッキーの書き込み間違いについて、1つ救済措置を。
間違って書き込んでしまったと思ったら、その感情を利用してください。
あーやってしまったなという感情をキーにして、その周辺の内容を思い出すきっかけにしちゃいましょう。